婚約指輪トレンドランキング

Favorite ring

婚約指輪はダイヤモンドが定番?

婚約指輪はダイヤモンドが定番? 婚約指輪はダイヤモンドを選ぶ人がほとんどです。
ダイヤモンドが定番である理由は、最も価値のある宝石だからです。
自然界で最も硬いことから、永遠の輝きの象徴でもあります。
薬品や太陽光の影響を受けにくいため使い勝手が良いだけでなく、2人の愛が永遠に続くという願いを込められます。
定番の婚約指輪を避けたい人は、婚約者の誕生月に合わせて宝石を選ぶ方法があります。
5月生まれにはエメラルド、7月生まれにはルビーなど誕生石が割り振られています。
指輪に個性を出すために、センターストーンにダイヤモンド、サイドストーンに誕生石を配置することもあります。
また真珠は指輪やネックレスなどの装飾品に多く使われていますが、婚約指輪としても使えます。
真珠は基本的にどの素材の指輪とも相性が合います。
プラチナの指輪とならば気品溢れるイメージが増し、ピンクゴールドとならば可愛らしくなります。
落ち着いた大人の女性には、メレダイヤをサイドに置いた真珠が似合います。

婚約指輪のデザインの選び方

婚約指輪には様々なデザインのものがあります。
生涯にわたって愛用できる指輪でもあるため、後悔しないデザイン選びをすることが重要です。
婚約指輪の選び方としては、使う場面を考えることが必要となります。
結婚指輪と重ねたり、右手の薬指につけるなどフォーマルな機会に身につけるのが多い指輪のため、将来を見据えたものを選んでいくことが求められます。
つい流行に合わせて選びがちですが、長年使うもののため歳を重ねてもずっと身につけられる指輪を選んでいきます。
具体的な選び方としては、ダイヤモンドを選び、地金を選んだら最後にデザインを決めていきます。
基本はダイヤモンドがセンターに1つだけのソリテール、アームが曲線がかったウェーブ、主役のダイヤモンドの脇にアクセントに小さめのダイヤモンドをセットしたサイドストーン、リングの外周にダイヤモンドを敷き詰めるエタニティがあります。
この基本をアレンジしたり組み合わせることで様々な指輪を作ることができます。