失敗しない色選びと4種類のデザイン

Favorite ring

失敗しない婚約指輪の色選び

婚約指輪の色選び 婚約指輪を選ぶ際には、デザインだけで選ぶのではなく、色で選ぶようにしてもいいでしょう。色を選ぶ時の方法としては、身に付けるものになりますので、自分に似合う色を選んでおく方がいいでしょう。
婚約指輪には、ゴールドやプラチナがあります。普段使いをするのであれば、自分のファッションに合わせて選ぶことも出来ます。色選びに失敗をすれば、せっかくの婚約指輪も長くつけることはないでしょう。
婚約期間が終わった時に外したまま保管するようになれば、一生付けることもないはずです。自分によく合い気に入っているのであれば、普段からずっとつけっぱなしにすることもあるでしょうし、何かのイベントの時などには、つけてお出かけをしたいと思えるようになるものです。
婚約指輪を選ぶ時には、一生使い続ける事を想定して、長く使えるものを選ぶようにしておいた方が無駄がありません。
その時の気分だけではなく、長い目で見て選ぶようにしておきましょう。

婚約指輪のデザインには4種類ある

婚約指輪のデザインは4種類あります。
最も定番なのがソリティアで、ダイヤモンドが一粒置かれています。この種類はシンプルなので何にでも合わせやすく、ダイヤモンド本来の美しさが引き立ちます。
メレはセンターストーンとなるダイヤモンドの周りに0.1カラット以下のダイヤモンドをセットしたものです。本来はサイドにセットされたダイヤモンドをメレと呼びます。センターのダイヤモンドを目立たせるので、華やかな婚約指輪になります。
サイドストーンの置き方や個数によって印象が変わります。アーム部分もダイヤモンドが入ったパヴェは、ゴージャスな印象を与えます。パヴェとはフランス語で「石畳」を意味しています。
そして同じ大きさのダイヤモンドを並べたものをエタニティといいます。同じ大きさの石は永遠を表しています。
婚約指輪はダイヤモンドでなければならない決まりはありませんが、これらのデザインを引き立たせるのに一番人気の素材はダイヤモンドです。