ダイヤモンドの大きさ

Favorite ring

婚約指輪にダイヤが人気の理由

ダイヤが人気の理由 婚約指輪といえばダイヤを連想する人は多いのではないでしょうか。イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃のように他の宝石を用いた婚約指輪を作る人も多々おられますが、なんといってもダイヤモンドリングを選ばれる人がダントツで多いのも事実です。
なぜダイヤモンドがそんなに人気なのでしょうか。
それはダイヤモンドは天然の物質上で最も硬い鉱物です。その硬さにちなんで、「愛が永遠に壊れない」という縁起となり人気があるというのが一つです。
また、ダイヤモンドはその硬さ故、他のものに傷つけられることがなく、輝きは永遠に続きます。そのため、「永遠に愛が輝き続ける」という縁起にもつながります。
また、ダイヤモンドの真っ白な色が「純潔」につながるというのも理由の一つでしょう。無色透明で美しく輝く姿は、まさに花嫁を連想させます。
いつ頃から婚約指輪とダイヤモンドのつながりができたかは不明ですが、近代の商業ベースで人気がでたわけではありません。16世紀初頭のヴェネチアの文書にダイヤの婚約指輪にまつわる記録が残っています。
当時は今以上にダイヤモンドは貴重で高価な物だったため、一般的に手に入るものではありませんでしたが、歴史としては古くからあるものなのです。

婚約指輪のダイヤモンドの大きさ

婚約指輪と言えば、ダイヤモンドです。その美しさを見ただけで女性は笑顔になれるものですので、素敵な婚約指輪を選んで贈るようにしなくてはなりません。
そこでどのくらいの大きさのダイヤモンドを選ぶようにすればいいでしょうか。
一般的に人気のあるダイヤモンドの大きさとしては、0.3カラット位が人気があります。なぜこの大きさが人気があるかというと、様々な理由があります。
まずは予算金額に見合っているというのがあるでしょう。婚約指輪は、30万円程度の予算で購入する人が多くなっています。この金額で購入をしようと思えば、0.3カラット位のダイヤモンドを選ぶようになるでしょう。
そして、0.3カラットの指輪を指にはめたときのバランスがいいと言われているというのもあります。あまりにも大きなサイズのダイヤモンドになると、ごてごてした感じになりますので、バランスが悪くなってしまいます。
それとは逆に小さすぎるダイヤモンドだとシンプルでいいですが、あまり婚約指輪らしくありませんし、小さいと思われてしまう事でしょう。
そのため、大きさを選ぶ時には、0.3カラット程度を目安として選ぶようにしておけば、失敗はないと考えることが出来ます。

「婚約指輪」の関連リンク

国内唯一フルオーダーメイド鍛造指輪専門店のサイト

婚約指輪